戦略系案件について

戦略系案件のコンサル - 戦略系案件について

戦略系案件について

戦略系案件のコンサル

コンサル案件の中には、戦略系案件と呼ばれるものがあります。
これはどういう案件になるのでしょうか?
基本的な方針としては、クライアント企業の戦略を立てるものになります。
企業経営には戦略が必要です。
もう少し身近な言葉でいうと、方針と言えるかもしれません。
どういう方針でビジネスを行うのか、それを補助するのが戦略系案件のコンサルです。

その方針を立てる際、どういう方向で方針を立てるのか、それはクライアント企業の希望に合わせることもありますし、この方針作りにもおすすめの方向性などをコンサルの方から提案することもあります。
この方針作りは、戦略系案件の大事な仕事の一つです。

あてずっぽうでもいいならどんな方針でも掲げられますが、企業の現状や社会情勢から考えて、実現の可能性が高い方針と、低い方針とがありますよね。
これを的確に見分け、クライアント企業に向いている方針を作成するのは、誰にでもすぐできることではありません。
だからこそ、戦略系案件という形で依頼が出るのです。
これは、この案件を受けたコンサルの大事な仕事になります。

そしてここで立てた経営や事業の方針に合わせて、今後具体的に何をするのか、中長期の仕事内容を明確にしていきます。
これも戦略系案件の大切な仕事です。
たとえば組織をもっと大きくし、グローバルな事業展開に踏み切るという方針を決めたとしても、それを達成するために、具体的に何をすればいいのか、すぐにわかりませんし、いざ考え始めるといくらでもアイデアが出てくるでしょう。
このときも、そのクライアント企業が立てた方針を実現するために、現実的に向いている方法を提案するのが、戦略系コンサルの仕事です。