戦略系案件について

戦略系案件に必要なスキル - 戦略系案件について

戦略系案件について
戦略系案件について > 戦略系案件に必要なスキル

戦略系案件に必要なスキル

コンサルとして戦略系案件を受けると、クライアント企業の戦略作りを補佐していくことになります。
このために必要なスキルとは、どんなものでしょうか?

特に重要なのは、それぞれの経営戦略の内容や、その戦略の結果などに詳しいことです。
もう少し具体的に言うと、経営者の立場に立ち、その方針でビジネスを行うと、どのような過程でどのような結果が起こるのか、それを具体的に理解していることです。
なぜこれが戦略系案件に必要なのでしょうか?

それは、この戦略系案件では、主に経営者が普段やっているような仕事内容を手伝う形になるからです。
その会社がどのような戦略を立て、そのために具体的に何をするのか、それを決めるのは経営者の仕事ですね。
その方針や指示に従い、会社全体が動いていくわけです。
戦略系案件はその会社の今後の戦略作りを手伝うわけですから、つまりは経営者の経営判断を補助する形になるわけです。
そのため、現在の状況で取りうる合理的な経営判断をいくつも知っており、それぞれの判断ごとに結果はどうなるのか、具体的なシミュレーションができないと、この案件の仕事は務まりません。

イメージとしては、各コンサルが自分自身も会社のトップとしてビジネスをやっていけるような知識や判断力がないと、戦略系案件をこなすのは厳しいでしょう。
これが重要なスキルとなります。

また、論理的な思考能力や、説明能力も非常に大事なスキルです。
この案件では経営判断を手伝うわけですが、コンサル自身が経営者に成り代わるわけではありませんから、合理的な戦略を立てられること、そしてそれを人にきちんと説明できることが大事なのです。
そのための必須スキルとして、論理的な思考能力や説明能力も必要になります。