戦略系案件について

戦略系案件での平均年収 - 戦略系案件について

戦略系案件について
戦略系案件について > 戦略系案件での平均年収

戦略系案件での平均年収

この戦略系案件を主に受けていると、平均年収はどれくらいになるでしょうか?
これはコンサル系の案件の中でも高い方で、1000万円以上となります。
平均年収がこれだけ高くなるのは、それだけこの戦略系案件が高単価だからです。

コンサルティングにかかる料金は依頼内容によって変わるのですが、戦略系は比較的高い方です。
クライアント企業の売上や利益を増やすため、その経営判断に有力な助言をするというのが、この分野の案件の仕事内容になりますからね。
責任の重い仕事ではありますが、その助言により、本当にその企業の売上や利益を伸ばせるのなら、企業にとってこれほどありがたいことはありません。

また、コンサル側からしても、本当に売上や利益を伸ばせるような施策は、そう安売りはできない重要なコンサルティングになります。
そのため、戦略系案件は基本的に単価が高く、コンサル一人当たりの月収が100万円以上という案件も比較的多いです。
そのような単価設定になっている案件ですから、これを主にやっていれば平均年収も高くなります。
そのため、年収が1000万円を超えるのが基本となるのですね。

ただ、平均年収は高いですが、戦略系案件を受ければ、絶対に高収入を得られるわけではありません。
待遇が非常にいいだけに、仕事内容も非常に高度です。
クライアント企業に提案するその戦略により、売上を伸ばしたり、利益を増やしたり、シェアを伸ばしたりと、何らかの明確な成果が必要になります。
これができないと報酬の減額はあり得ます。
逆に、きちんと成果を出せるならさらに待遇がよくなり、年収が2000万円を超える場合もありますね。
このような状況にありますから、戦略系案件での平均年収は1000万円を超えるものの、実際の収入は差も大きいです。