戦略系案件について

戦略系案件で必要な資格はある? - 戦略系案件について

戦略系案件について
戦略系案件について > 戦略系案件で必要な資格はある?

戦略系案件で必要な資格はある?

戦略系案件を受けると、その企業の戦略作りを手伝う形になります。
これはかなり責任の重い仕事内容です。
なぜなら、ここで方針作りを間違え、その企業にはやや不向きな仕事を進めてしまうと、利益が上がりにくくなり、最悪の場合は倒産もあり得るからです。

言ってみればその企業の寿命にも関わるのですから、その責任は決して軽くはありません。
だからこそ、この戦略系案件は誰でも気軽にできるものではありません。
では誰ができるのか、これをやるために何か資格などはあるのでしょうか?

責任は確かに重い仕事ですが、資格は特に必要ありません。
特定の資格がなくても、クライアント企業と合意さえできれば、この案件を受けられます。
しかし資格は必要ないからといって、誰でもできる案件というわけではありません。
この案件を受けると、その企業の今後に関わる重大な戦略作りに関わるわけですから、一定以上の経験や知識を求められることが基本です。
たとえばそのクライアント企業の業種に詳しいことや、過去にも戦略系案件をこなしたことがあるといった経験が、よく求められます。
その業種のコンサルや、戦略系案件が未経験だと、応募できない案件も多いですね。

このように戦略系案件をこなすために資格は必要ありませんが、この案件を実際にこなせるだけの知識や経験は、募集人員の指定として求められがちです。
そのような経験や知識があった方が、この案件を受けやすくなります。
ただし、特定の資格が必要な案件ではありませんから、クライアント企業さえOKなら、これまでに戦略系案件をこなした実績がなくてもチャレンジできます。
詳細は案件ごとに違いますから、興味があればよく確認してみるといいでしょう。