戦略系案件について

戦略系関連の書籍 - 戦略系案件について

戦略系案件について
戦略系案件について > 戦略系関連の書籍

戦略系関連の書籍

コンサルタントになるために、定番のキャリアルートはありません。
未経験からでもなれますし、別の仕事をこなしたあと、コンサルタントになることもできます。
これは特定の分野のコンサルに限りませんから、戦略系コンサルでも同じです。
もちろん相応の実力や素質は求められますから、戦略系案件に必要な知識や考え方を身につけたいところでしょう。
参考になる書籍はあるでしょうか?

たとえば、ある書籍などおすすめです。
この本は、いかに戦略系コンサルタントへ転職するかといったキャリア形成を重視した本です。
紹介されている事例も、社会人としてのスタートをコンサルタント以外で迎えた方が基本になります。
それらの方のキャリアは比較的普通で、特別な資格も経験もない中で、どのように計画して戦略系コンサルタントになったのか、とても参考になります。

このほか、戦略系コンサルタントの仕事内容を解説した紹介本などもかなり参考になるでしょう。
その仕事に就くために必要なスキルや経験、素質などは、その仕事の具体的な仕事内容がわからないと、見えてきませんよね。
それを知るためには、戦略系コンサルタントが仕事の現場でどんなことをやるのか、それを知ることが大切です。
そのために役立つのが、この仕事内容を解説した書籍となるでしょう。

戦略系案件の参考書籍としてはこのようなものがありますが、ほかにも経営者向けの本や、部下を持ったマネージャー向けの本なども、かなり参考になります。
戦略系案件をこなすために特別な資格は必要ありませんが、この案件では自分の提案によってクライアント企業のビジネスや、それに関わる方たちを動かしていくことになります。
そのためには、経営判断や上司としての基礎知識などが必要です。
これらを紹介している書籍も、非常に役に立つでしょう。